e-LOUPEの旬ネタコラム

  • 自宅向け

ホームインスペクションで見る「劣化すると危険な部位」とは?

2022.10.20
屋根の劣化

今回は住宅の「劣化すると危険な部位」をご紹介していきます。

購入時は新築でも、定期的なメンテナンスを行ったかどうかがその後の建物の寿命に大きな影響を与えてしまいます。

ホームインスペクションでは建物を長持ちさせる上で重要な部位に焦点を当てて調査を行います。

建物のプロがどのような場所を見て回るのか、「劣化するとどんなリスクがあるのか」という視点でご紹介していきます。

要確認!劣化すると危険な部位

屋根

屋根

屋根は最も外界からの負担を受ける部位だと言われています。雨風や紫外線、土ぼこりや夏の厚さ・冬の寒さなど、あらゆるものから建物を守っています。そのダメージは年々蓄積されていくので、しっかりメンテナンスを行い健康な状態で保ちましょう。

屋根の種類は大まかに瓦屋根・スレート屋根・金属屋根に分類され、割れやずれの補修・塗装の塗り替えなどの部分的な修繕を10年の間に行います。全体の割れやずれが多くなった時は葺き替えを行います。

ホームインスペクションでは双眼鏡を用いた目視による確認や、高所カメラ・ドローンといった特殊な機材を活用しながら屋根に異常がないかを見て回ります。

雨樋

雨樋

一見地味な存在に見える雨樋ですが、外壁を雨水のたれ流れから守り、腐朽するのを防ぐ大切な役割を持っています。

雨樋は塩ビ製の配管同士がつながっているので経年で接合部が劣化したり、雨樋を支えている金具が外れてしまう事が考えられます。

破損や外れを見つけた時はその都度補修を行いましょう。

雨樋は屋根と同様に高所に設置されていることから、2階から自撮り棒を用いたり、高所カメラを利用して調査が行われます。

外壁

外壁

外壁も屋根と同じく直射日光や雨漏れなど様々な負担がかかる場所です。

外壁にもサイディングやモルタル、タイルなど様々な種類がありますが、経年でタイルに浮きや剥離や破損が生じてきます。また外壁を覆う表面の塗料にも耐用年数があり、経年による劣化でチョーキング現象と呼ばれている白い粉が壁の表面に発生するようになります。

放置すると建物内部へのダメージにもつながるので定期的なメンテナンスを行いましょう。塗料の材料によっても変わってきますが、おおよそ10年ごとのメンテナンスが標準的です。

ホームインスペクションでは接合部分や表面のヒビを目視で確認したり、打診棒を用いた浮きの調査が行われます。

水回り

洗面所配管

キッチンやトイレなどの水回りはその家に住んでいる家族全員が毎日使うので、劣化するのが早い場所だと言われています。

給排水管は詰まりや腐食を防止するために内側をクリーニングしたり、排水枡の清掃を行いましょう。シンク下の浮きゴムやパッキンが劣化するとそこが水漏れの原因となる可能性があります。

ホームインスペクションではシンク下の配管からの水漏れの確認や、後述する床下の給排水管の調査が行われます。

床下

床下

床下は屋根と同じく普段目にする機会がありませんが、土台や大引きなどの建物を支える構造体を守るためのメンテナンスが大切です。

配管の水漏れや土台の腐朽があるとシロアリのリスクも大きくなるので、床下に異常がないか確認すると同時に、シロアリの侵入や木材の腐朽を防ぐための薬剤散布を行うようにしましょう。

ホームインスペクションでは点検口から覗いての調査や、オプション費用を払っての床下の進入調査が行われます。

まとめ

今回は住宅の劣化すると危険な部位について紹介してきました。

どこの部位でも共通して言えるのは、「表面の劣化を放置して建物の内部が傷んでしまうとそれを修繕するのにメンテナンス費をはるかに上回るコストがかかってしまう」という事です。

中古住宅を購入する場合は、築年数だけでなく、これらのメンテナンスが過去にしっかりと行われてきたのか、修繕の履歴も確認するようにしましょう。

ホームインスペクションでは住宅に指摘事項がないかどうかを見て回りますが、より詳しい内容はこちらのページでも解説していますので、興味を持っていただけたようでしたら是非一度ご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「見えないところへの徹底した追求」がe-LOUPEの基本方針です。