e-LOUPEの旬ネタコラム

  • 中古戸建て
  • 自宅向け

「問題なし」でも油断は禁物!?中古住宅のインスペクション結果の落とし穴

2019.06.06
部屋

宅建業法の改正もあり、中古住宅を購入の際にはインスペクションを実施する方が増えつつあります。購入者がご自身でインスペクション会社を探されて実施する場合もあれば、売り主側で事前に実施するというケースもあります。しかしいずれの場合でも多いのが「インスペクションを実施して問題が無ければ大丈夫」と安心してしまう事です。

もちろん、「今現在問題が起きていない」という点で購入の判断をされる場合はそれでいいのですが、住宅は人と同じく変化していきます。今の状態がずっと続く訳ではありません。今回は中古住宅のインスペクションで「問題なし」となった場合でも気をつけなければいけない理由を書いてみました。

大原写真  e-LOUPEインスペクター 大原

同じ「指摘なし」でも状態に差があることも

調査の結果の項目が満点で「指摘なし」と判断されていたとしても、問題が起きないという保証はありません。建物の劣化は徐々に進行します。調査時は調査の項目上で指摘なしの欄に○と表記されていたとしても、その○は文句なしの「○」ではなく、ギリギリの「○」で、すでにメンテナンス時期を迎えているという可能性もあります

メンテナンスを実施した直後(施工品質もいい状態)で引き渡しを受けたならまだしも、そのメンテナンスがすでに何年も過去のものであれば注意が必要です。この事を把握していないと瑕疵担保責任の期間を過ぎた後、または瑕疵保険の保証期間を迎えた後になってから雨漏れが発生・・なんていうことも起こり得ます。

せっかく高い買い物をするのですから不具合を心配しながら住むのではなく、安心して住み続けられるよう「現状の把握」と「今後どのようなメンテナンスが必要なのか」をしっかりと把握しておいたほうが良いと思います。そのためにもまずはインスペクションがしっかりと広範囲で調査出来ているか、指摘箇所があっても無くても今後どのようなことが必要なのかアドバイスをもらえるかどうかは事前に確認をしておくことをおすすめ致します。

多くの方がその家で何十年も住み続けることになると思います。インスペクションをご依頼される際は、「住宅を良好な状態で維持するためのインスペクション」という意識を持っておいた方がいいでしょう。

 

「見えないところへの徹底した追求」がe-LOUPEの基本方針です。