e-LOUPEの旬ネタコラム

  • 新築戸建て
  • 自宅向け

ホームインスペクションは新築でも必要!大きな2つのメリットをご紹介

2021.03.09
大原

WRITER

大原 卓也

一級建築士 e-LOUPEインスペクター

建築設備会社を経て、株式会社テオリアハウスクリニックに入社。2013年より住宅インスペクション事業に携わる。住宅調査以外にも、不動産会社向けセミナーや建築士対象の研修会の講師も行う。JSHI公認ホームインスペクター。ドローン操縦士。

「ホームインスペクションは新築でも必要ですか?新築の住宅を購入したのですがホームインスペクションを利用しようかどうかで迷っています。」

このような疑問を持たれていませんか?

結論から申し上げると、ホームインスペクションは新築でも是非活用していただきたいサービスです。

その理由について、ホームインスペクターであり一級建築士でもある私の視点でお話ししていきます。

ホームインスペクションが新築でも必要な理由は大きく2つ

新築住宅のホームインスペクションをおすすめするのは

  • 住み始めてからのトラブルを防ぐ事ができる
  • 建物の長持ちにつながる

という大きな2つのメリットがあるからです。

それぞれのメリットについて詳しくご紹介していきます。

住み始めてからのトラブルを防ぐ


そもそもホームインスペクションはどういったサービスなのでしょうか?ホームインスペクションは建物に対して

「構造はしっかりしているか」
「雨水が入ってしまうような場所はないか」

など、不具合の有無を調査をするサービスです。

ホームインスペクションを実施することで

「こんなところにこんな不具合が・・・」「不具合に気づいた時には大変なことになっていた・・・」

といった事態を防ぐことができます。

「中古住宅と違って新築で不具合なんて起きないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、残念ながら新築においても

  • 建物の構造上の欠陥
  • 仕上げの際の損傷
  • 知識・技術不足による施工不良
  • 突貫工事によるミス

などが起こり得ます。

もしかすると「新築ではしっかりと検査が行われることになっているはずでは?」と思うかもしれません。

確かに新築住宅の施工途中には検査が含まれています。


とはいえ、それが不具合がない事を保証する訳ではありません。

実際に私がホームインスペクションを行う新築住宅でも

  • 部材の割れ
  • 処理の甘さ
  • 断熱材の欠落

といった施工不良を見つけるケースがあります。これらの不安を解消するには、やはりホームインスペクションが最も確実な方法です。

新築の将来的なリスクを知る


ホームインスペクションが新築でも必要だと言えるもう1つの理由は、「将来のリスク」を知ることができるからです。

私がホームインスペクションを実施した物件の例を挙げてみましょう。

その建物は構造部分も仕上げ部分もしっかりと作られていました。しかし床下に進入したところ、配管がとても入り組んだ造りになっており、奥まで見ることができない状態になっていました。

一応、その時の調査では大きな指摘事項は見つかりませんでした。


しかし、今後もずっと何も問題が起きない保証はありません。もし将来万が一床下の配管に水漏れが起きたとき、新しく点検口を作らないと、修理をしたくても配管が邪魔になって目的地まではたどり着けないでしょう。

ホームインスペクションを活用すれば、こういった将来的なリスクも知ることができます。

こういった情報は事実として知るだけでなく、売買契約の際に

「将来のメンテナンスの為に点検口を新設してもらえれば契約をしようと思う」

といった交渉材料にできる場合もあります。

結論:新築でも必要に応じてホームインスペクションを実施することがおすすめ


今回は新築でもホームインスペクションを活用すべき理由についてお話ししてきました。

新築住宅は経年による劣化こそないものの

  • 細かい部分
  • 目に見えない部分
  • 経年のリスク

などは住み始める前にしっかりとチェックしておく必要があります。

もし「第3者の立場からプロの目線でしっかりと住宅を調査したい」と考えておられるのであれば、是非ホームインスペクションを活用していただけたらと思います。

e-LOUPEは「細かい部分までしっかりと点検を行う」をコンセプトにホームインスペクションサービスを行っています。調査の様子は下の動画でもご紹介していますので、ぜひ一度ご覧ください。

また、「調査内容や当日の流れについてもっと知りたい!」と思っていただけたようでしたら、下記のページでも詳しく紹介していますので併せてご覧ください。

▼ホームインスペクション|住宅診断を依頼するときの注意点【完全版】
https://www.eloupe-teoria.com/column/homeinspection-points/

もし、「よくわからないことがあるので教えて欲しい」というご質問についても下記のバナー先で受け付けていますのでどうぞお気軽にご相談ください!

「見えないところへの徹底した追求」がe-LOUPEの基本方針です。