e-LOUPEの旬ネタコラム

  • 中古戸建て

中古住宅購入者向け|ホームインスペクション実施済み物件の注意点

今後宅建業法の改正により、ホームインスペクション(住宅診断)の認知度は高まり、世の中的に家の売却前のホームインスペクションが増えるのではといわれています。購入希望者としては、あらかじめ売主依頼によるホームインスペクションの実施で建物の状況がある程度把握出来れば、購入の検討としては安心かと思います。
しかし、今回はそこから一歩踏み込み、ホームインスペクションの実施済みのケースで注意していただきたい点を挙げてみました。

大原写真  e-LOUPEインスペクター 大原

POINT1「住宅診断の質は人によって異なる」

売買時のホームインスペクションはあくまでも一次診断(非破壊による調査)であり、見える範囲での目視調査のため、建物の構造や周囲の環境により調査対象の部位が確認出来ないということもありますが、確認するのはあくまでも「人」。

インスペクターのイメージ
例え同じ条件下であっても、調査員によって調査の内容にバラつきが多少出てしまうことも可能性としては考えられます。
また、調査の費用が会社によって異なるように、調査の内容自体も異なる可能性があります。

 

POINT2「調査範囲と内容の確認」

依頼したホームインスペクションの範囲は、どこまで見てくれるのでしょうか?ホームインスペクションといってもメニューが分かれている場合と、一律で決まっていることもあります。例えば、小屋裏や床下を覗くだけなのか、人が直接進入して確認するのかなどです。

屋根裏の点検イメージ
当然、覗くのみの検査となると見える範囲は限られるため、検査で気付かない問題箇所が後々発見されるということも考えられます。
また、同じ調査でも人によって、調査のチェックシートに記載されていない箇所もしっかりとチェックをする方と、最低限の項目でしか確認しない方もいます。これは社内での方針、教育や研修、調査方法についての共有が出来ているかによって大きく異なります。事実、価格が安いとそれに見合ったレベルでの対応ということも有り得る話です。

 

まとめ

ホームインスペクションが未実施であれば、きちんと見てもらうことは当然として、実施している場合でも「それがどのような内容なのか」を知ることで、より安心してお家の購入判断に繋がるのではないでしょうか。とはいえ、報告書を見てどこまでしっかりと調査したのかを判断するのは難しいと思いますので、どこの範囲まで調査しているのかを確認されることが一つの判断材料になるでしょう。

「見えないところへの徹底した追求」がe-loupeの基本方針です。