e-LOUPEの旬ネタコラム

  • 新築戸建て
  • 中古戸建て
  • 自宅向け

ドローンを使用したホームインスペクションのメリットとは?

2019.06.06
ドローンでインスペクション

近年ホームインスペクション業界でも、ドローンを使った住宅検査の可能性が話題となっています。今回はドローンを使用したインスペクションについて、詳しくご紹介していきます。

上野山写真  e-LOUPEスタッフ 上野山

高所のインスペクションに役立つドローン

ドローンは、無人で遠隔操作や自動制御で飛行することができる航空機の総称です。規制緩和が行われたり、技術の進歩により低価格で入手ができるようになったりと、国内外で商用やホビー目的で広く普及するようになりました。商用のドローンは人の立ち入りが難しい場所の撮影などに利用されることがありますが、インスペクションにおいても、これまでの高所カメラに加え、人が近づけない高所の調査をする道具として存在感を示しつつあります。

通常屋根のインスペクションは双眼鏡による目視で行いますが、その全てを確認することができず部分的な検査となってしまうケースがよくあります。そこで注目されたのがドローンです。ドローンに撮影用のカメラを搭載し、近くからの確認が難しい高所の屋根や外壁などの検査を行います。

ドローンを用いての調査の様子

目視の屋根調査

下から見上げての目視による検査を行う場合の視点です。屋根の勾配によっては、ふもとからの確認が難しくなります。建物と距離を置くことができればいいのですが、周辺が住宅地に密集している地域であったりすると、全体の調査が難しい場合もあります。

ドローン本体

ドローン本体です。リモコンにより操縦を行います。

ドローンのカメラ

ドローンにはカメラが取り付けられています。手元のモニターで映像が確認できるようになっており、高度や角度の微調整も可能です。

ドローン撮影

上空から撮影した映像です。搭載しているカメラは倍率の変更も可能で、地上からの確認が難しい仕上げ材の表面や雨樋なども確認できます。空中でホバリングをさせることで、細部までしっかりと検査を行うこともできます。

ドローンを用いた検査のメリット

  • 危険が伴うリスクが少ない
  • 足場を組んで直接屋根に登っての調査は、高所での作業であるためどうしても転落等のリスクが伴います。ドローンを操縦しての調査は、実施者の安全を確保した上で行うことができます。

  • 作業にかかる工程を少なくできる
  • 屋根の調査に足場を使用すると、準備や片づけが大掛かりになり、目視での検査に比べてご依頼主も時間と手間を余分に掛けることになってしまいます。ドローンであればリモコンを使った操縦で簡単に調査ができるので、作業にかかる工程も少なくて済みます。

  • 検査結果を保存できる
  • 双眼鏡と異なり、ドローンは調査の様子を写真や動画などのデータとして残すことができます。その場で調査内容について映像を交えながらの説明を受ける事ができる場合が多いので、調査結果に対してより信頼性を持つことができるでしょう。

注意点

便利なドローンですが、注意しなければいけない点もあります。

  • 天候
  • 電気製品である事から雨が降ると調査が行えなくなるので、急な天候の変化で調査を延期にしなければいけない場合があります。

  • 狭い場所では使えない
  • ドローンは障害物にぶつかると落下してしまうので、狭い空間での飛行は不向きです。隣家との間隔が狭いと調査が行えない場合があります。

  • 騒音
  • 建物の近くを飛行させるので、飛行中のドローンの機械音をうるさく感じてしまう人が調査物件の近隣にいるかもしれません。周囲が密着している住宅街では、念の為周辺の住人に対して、事前に声掛けを行った方がいいでしょう。

まとめ

ドローンによるインスペクションは、これまで敷居が高くなりがちであった高所のインスペクションをより手軽に、より正確に行うことができます。インスペクションの際は、ドローンを用いての調査を是非検討してみてはどうでしょうか。オプション制となっている場合が大半ですので、事前にその調査会社がドローンを取り扱っているかどうか、調べてみるとよいでしょう。

 

「見えないところへの徹底した追求」がe-LOUPEの基本方針です。