診断事例

新築戸建て

新築住宅でよく見かける「建具・設備」の指摘事項

こんにちは。e-LOUPEの岩井です。

今回は新築内覧会のインスペクションでの「建具や設備等の調整」についてご紹介します。

建具や設備の指摘事項は意外と多い

普段インスペクションを行っていて感じるのは、新築でも建具の調整が甘かったり、取り付け漏れが起きているケースが割と多い、ということです。

今回の物件でもいくつかの指摘事項を発見しました。


窓の調査をした際、サッシ枠のビスが一部埋まってなかったり


室内の扉を開けた際にドアストッパー(壁にドアノブがぶつからないようにする装置)が作動しなかったり


洗面所のプッシュアップ水栓が動かず水がためられなかったり

実はこういった小さな不具合は結構あるものです。

確かに建物の構造には影響がないかも知れませんが、生活に直接関わってくるものもあります。

やはり建具や設備等の設置状況についても引き渡し前に注意を払っておくのがおすすめです。

▼このインスペクターが担当しました!

 

「見えないところへの徹底した追求」がe-LOUPEの基本方針です。