e-LOUPEの旬ネタコラム

  • 新築戸建て

内覧会で測る所って?サイズ計測で後悔のない家具選びをしよう

2021.05.25
大原

WRITER

大原 卓也

一級建築士 e-LOUPEインスペクター

建築設備会社を経て、株式会社テオリアハウスクリニックに入社。2013年より住宅インスペクション事業に携わる。住宅調査以外にも、不動産会社向けセミナーや建築士対象の研修会の講師も行う。JSHI公認ホームインスペクター。ドローン操縦士。

内覧会で測る所ってどこがあるの?見るべき場所を知りたいです。

こんにちは。e-LOUPEの大原です。今回はこのような疑問にお答えします。

内覧会で買い主が行うべきことの1つにサイズの計測があります。

部屋の間取りと大きさをあらかじめ把握しておけば、大型の家具や家電製品など、計画的な購入ができるので引っ越しがスムーズになります。

とはいえ「どこを測るか?」を明確にしておかないと、内覧会が終わった後に「そういえば測り忘れてたな・・・」となってしまいがちです。

そこで今回は、内覧会を開催したときに測る所についてご紹介していきます。

内覧会で測る所は・・・ここ!

内覧会で測る所として挙げられるのは

  • 部屋の幅・奥行き・天井の高さ
  • 玄関ドアや窓の大きさ
  • 駐車場の幅
  • キッチン周りのサイズ

などです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

部屋の幅・奥行き・天井の高さ

まず、部屋の幅や奥行きや天井の高さをチェックしましょう。
部屋には

  • ベッド
  • ソファ
  • タンス
  • デスク

など、色々な家具を置くことになります。新しく調達する場合もあれば引っ越す前の家から持ち込む場合もあると思いますが、いずれにしても何をどの部屋に置くのか、あらかじめ検討をつけておくのがおすすめです。

また、天井の高さは忘れられがちですが、「あ、この家具入らないな・・・」とならないようにちゃんと測っておきましょう。

窓や玄関ドアの大きさ

部屋の間取り的には問題がなくても、建物の中に入れるには掃き出し窓や玄関を使う必要があります。

家具を運ぶ時は「どこから入れるのか」という視点も忘れないようにしましょう。

駐車場の幅

駐車場の幅は、広告のイメージ図ではしっかり収まっているように表現されていても、実際に行ってみると幅がとても狭くスペースギリギリだったり、目の前の道路がとても狭くなっていたりする事があります。

また、国内産の車を意識した駐車場は幅が狭くなっていることもあります。外国産の車の場合は特に注意しましょう。

キッチン周りのサイズ

キッチン周りには冷蔵庫・オーブン・電子レンジ、食器棚など、電化製品や家具をたくさん置くことになります。

場所を取ってしまい、置きたかったものがはみ出してしまう・・・ということも起こってしまいます。

例えば、私の実家で最近冷蔵庫を買い替えたのですが、通販サイトでディスカウントされているものにしました。モノ自体はとても良く、満足しているのですが、サイズが思ってたいたよりも大きく、壁のライトのスイッチと重なってしまう、という事がおこってしまいました。

動線の考慮を忘れずに

家具や電化製品を測る時の注意点として、「動線の考慮」があります。

サイズを測って問題なく置けそうだったとしても、まだ安心してはいけません。

人の動線を考えたとき、実際に使うには邪魔になってしまう事があります。また、建具の開閉がとてもやりにくくなってしまうこともあるかもしれません。(昔、私の知人がこれを冷蔵庫でやってしまっていた事があります)

「家具の組み合わせがイメージしにくい」という時はマスキングテープの活用がおすすめです。

床に家具のサイズに合わせてテープを貼り、実際の家具を配置した際のスペースを確認してみると分かりやすくなります。

まとめ

今回は内覧会で測る所についてご紹介してきました。

内覧会では設備の説明や傷のチェックなどもありバタバタしてしまいがちですが、しっかりと測るべき場所は測っておきましょう。

最後にもう1つ、内覧会の目的はあくまでも「建物の検査」です。建物には床下や天井裏、配管など「不具合が起こりやすい場所」があります。

安心して住み始めるためにも、見た目だけでなく「建物の構造部分」にも目を向けるようにしておきましょう。

e-LOUPEでは内覧会での「ホームインスペクション」サービスを行っています。買主に代わって建物を隅々まで確認しますので、安全であることを確かめた上で住む事ができます。

もし内覧会でのホームインスペクションについて、興味を持っていただけたようでしたら、こちらのページで詳しく紹介していますのでぜひご覧ください!

 

「見えないところへの徹底した追求」がe-LOUPEの基本方針です。