e-LOUPEの旬ネタコラム

  • 新築戸建て
  • 中古戸建て
  • 自宅向け

ホームインスペクションの費用の相場【内容別まとめ】

2020.08.17
床の傾き
大原

WRITER

大原 卓也

一級建築士 e-LOUPEインスペクター

建築設備会社を経て、株式会社テオリアハウスクリニックに入社。2013年より住宅インスペクション事業に携わる。住宅調査以外にも、不動産会社向けセミナーや建築士対象の研修会の講師も行う。JSHI公認ホームインスペクター。ドローン操縦士。

検索エンジンで「ホームインスペクション 費用 相場」と調べると、「ホームインスペクションの費用の相場はおおよそ5~15万円程度」という情報を得ることができます。ホームインスペクターとして毎日お仕事をさせていただいている私からしてもこの情報は決して間違ってはいません。

しかし皆さんはこれだけを見て「ああ、それくらいなんだ」と納得されたでしょうか。むしろ逆に

「え?ホームインスペクションの費用って業者によってそんなに振れ幅があるの?」
「もう少し具体的な費用の相場を知ることができないだろうか」

と思われたのではないでしょうか。

このページでは、ホームインスペクションを実施する際の基本的な費用の相場に加え、追加調査ごとに発生する費用の相場についても詳しく解説をしていきます。

必要最低限のホームインスペクションのみ:5~7万円


ホームインスペクションで調査を行う項目は各調査会社である程度共通しています。というのも調査項目については国土交通省が作成した「インスペクションガイドライン」にまとめられており、全ての調査会社は少なくともここに書かれている項目は必ず調査する必要があるからです。

ちなみにここで調査をするように書かれているのは「構造」と「雨水の侵入」に関する指摘事項があるかどうかに関するものです。現在市場に存在する調査会社の中で一番安くホームインスペクションを実施する場合の費用の相場は5~7万円程度です。

多くの調査会社ではオプション方式を採用しており「追加で費用を払っていただければこういった項目についても調査を実施しますよ」という形で独自の項目を設けています。

オプション項目の費用の相場


ここからは、必要最低限のホームインスペクションにどのような項目を追加するとどれくらいの費用がかかるのかご紹介していきます。

屋根の調査:1~3万円

ホームインスペクションでは屋根の調査を基本的には「双眼鏡」で行います。しかし屋根の形状や周辺の地形によっては双眼鏡だけでは目視できない場合もあります。追加費用を払い高所カメラやドローンなどを用いて調査を行うことで、見えない場所に指摘事項が隠れていたとしても、それを発見することができます。

床下や小屋裏への進入調査:2~3万円

基本的な調査項目について記されたインスペクションガイドラインにおいても床下や小屋裏の調査も項目として組みこまれています。とはいえ、これはあくまでも「点検口からの目視による点検」とされており、ペンライトなどで照らしながら奥をのぞいて異常がないかを調べます。この方法では暗い床下や小屋裏で確認ができる範囲が限られてしまいます。進入調査に切り替えることでくまなく調査ができるので、より信頼性の高い調査結果とすることができます。

設備機器の調査:約2万円

住宅にはトイレ、ガスコンロ、換気扇など様々な設備機器が置かれています。しかし、それらが不具合を起こしているということに気づかないでいると、いざ入居してそれを」中古住宅では長い間使っていない状態で放置されているといつの間にか故障してしまうことがあります。また、新築住宅でも初期不良で予期せぬトラブルが起きてしまうことが考えられますので、ホームインスペクションでそういったトラブルを事前に回避することができます。

機器を用いたインスペクション:1~3万円

ホームインスペクションの中には、調査を行うには特別な機器を使う必要があるものもあります。例えば、基礎の内部に背筋が設計図通りに通っているかを調べるには「鉄筋探査機」が必要になりますし、温度分布を調べるためにはサーモグラフィが必要になります。調査内容により機器は様々ですが、およそ1~2万円程になると思われます。

報告書の作成・追加写真やアドバイスの掲載:約1万円

独自の調査項目や追加写真の記載、各部位について今後どういったメンテナンスを何年後に行えばいいかなど具体的なアドバイスを掲載する調査会社もあります。報告書を手元に保管しておくことで、どの部位をどの周期でメンテナンスすればいいのか、また中古住宅を購入した場合はどの部位でどういった修繕が必要なのか、大まかな計画を立てることができます。また、この報告書は家の診断の記録ともなりますので住宅の資産価値を高める書類としての役割も持っています。

e-LOUPEのホームインスペクションは一括9万円!


最後に弊社のホームインスペクションの費用についてご紹介させていただきます。e-LOUPEは一般的なホームインスペクションサービスと違いオプション制を採用しておらず、費用は9万円(税別)と全体的な相場と比較すると特にこれといった印象は受けないかもしれません。

しかし、注目すべきは調査内容と費用とのバランスです。調査内容には、通常であればオプションで2~3万円ほどする「床下調査」や「小屋裏調査」をはじめ、鉄筋探査機を用いた調査も行っています。恐らくこの費用でこれだけのサービス内容を提案している調査会社は他にはないと思います。もし弊社のホームインスペクションについて「詳しく知りたい!」と思っていただけた方はすぐ下のボタンから詳細ページに飛べますのでそちらもご一読ください!

「見えないところへの徹底した追求」がe-LOUPEの基本方針です。