e-LOUPEの旬ネタコラム

  • 新築戸建て
  • 中古戸建て
  • 自宅向け

ホームインスペクターとは?

2018.09.06

講師担当の大原
ホームインスペクター(住宅診断士)とは、住宅に欠陥や劣化・改修箇所がないかを診断する「ホームインスペクション(住宅診断)」を実施する診断士のことです。
インスペクションの調査方法は基本的に目視調査ですが、機材を使って調べることもあります。その際に、機材を扱う技術や住宅の診断結果を詳細にまとめる能力がホームインスペクターには求められます。インスペクターの立場は「買主」や「売主」のどちら側でもありません。第三者目線で住宅を客観的に診断し、欠陥・劣化・改修が必要な箇所をアドバイスします。そんなホームインスペクターについて詳しくご説明していきましょう。

大原写真  e-LOUPEインスペクター 大原

住宅を診断するための技術を持つ

ホームインスペクターは住宅を正確に診断するための知識・技術を豊富に持っています。ホームインスペクションは目視調査が基本ですが、機材を使う場合もあります。
機材には、「住宅の傾きを調べる水平器」、「木材の水分量を測る含水率計」、「外壁などの割れや浮きの具合を調べる打診棒」などがあります。これらの機材調査では、機材を扱うホームインスペクターの技術が診断結果に影響します。

 

診断の結果は詳しく報告書にまとめる

インスペクション(住宅診断)が完了すると、まずは口頭で結果をお伝えします。しかしそれだけではなく、欠陥や劣化についての診断結果を正しくお客様に理解してもらうために「調査報告書」を作成し、お客様の手元へ届けます。この調査報告書は、診断項目(外周り・室内・床下・小屋裏等)ごとに確認場所・調査内容(詳細な場所・仕様、状態など)が書かれています。

 

安心して安全な住宅を売買するために

住宅の購入を検討している人が安心して安全な住宅を購入するために、ホームインスペクターはサービスを提供しています。
ホームインスペクターは、「買主」「売主」のどちらの立場でもありません。第三者の立場で客観的にインスペクションを実施します。誰かが優位になる診断は決して行ないませんので、診断結果をもとに安全な住宅を購入する手助けになるはずです。また、現在お住まいの住宅を売り出そうと考えている人のためにもインスペクターは必要です。住宅の状況を正しく把握し公開することで、安心して住宅を売り出すことができるでしょう。

「見えないところへの徹底した追求」がe-LOUPEの基本方針です。